世界でたった一人。

彼にだけ開けることが出来る

「秘密の扉」

を、わたしは持っている。



そしてわたしの


「秘密の扉を開けるたった一つの鍵」


を、彼は持っている。





彼はわたしの「秘密の扉」を開けられる



たった一人の人なのだ。






わたしから唯一とめられない感情が


溢れだすのは




そういうことなのだ、と




やっとわかり始めた。












にほんブログ村 恋愛ブログ ソウルメイト・ツインソウルへ
にほんブログ村





☝️☝️☝️
いつもありがとうございます✨
押していただくと嬉しいです❤️💛💚💙💜






来てくださったみなさまに
愛と豊かさのあふれる毎日が訪れますように✨

ありがとうございます♥️

愛しています♥️







































ふとした瞬間に蘇る記憶の欠片は


思いがけないものが多い。



想い出そうとして掘り起こしたものじゃないから
だろうか、、、。




自分の自我に支配されてないからだろうか、、、。






そのままのありのままの映像が蘇る。





あの時の彼の気持ちや彼の考えてたこと。



初めてそこに思いを馳せてみたりする。






それは「愛されていた」




強烈な事実だったりする。






「彼は私を愛していた、まっすぐに」





それをそのまま表現していた。







その時のわたしはそれを受け取れていたのか。







感じていたのか。






そこは曖昧で思い出せない。











にほんブログ村 恋愛ブログ ソウルメイト・ツインソウルへ
にほんブログ村


☝️☝️☝️
いつもありがとうございます✨
押していただくと嬉しいです❤️💛💚💙💜





来てくださったみなさまに
愛と豊かさのあふれる毎日が訪れますように✨

ありがとうございます♥️

愛しています♥️


































この世の中で一番愛してる人に



この世の中で一番愛された記憶。




美しい記憶。






ただその記憶が





わたしの中で光輝いている。






その記憶が





わたしを変えていく。







わたしはもう前のわたしとは違うのだ。








全てが変わっていくのだ。


















にほんブログ村 恋愛ブログ ソウルメイト・ツインソウルへ
にほんブログ村









☝️☝️☝️
いつもありがとうございます✨
押していただくと嬉しいです❤️💛💚💙💜







来てくださったみなさまに
愛と豊かさのあふれる毎日が訪れますように✨

ありがとうございます♥️

愛しています♥️


























↑このページのトップヘ